第38回冠不全研究会 わが国の循環器診療の過去・現在・未来

わが国の循環器診療の過去・現在・未来



開催日時
2017年7月8日(土)15時00分〜18時00分

会場
イイノホール

東京都千代田区内幸町2-1-1
TEL:03-3506-3251

開催にあたって

診療所の実地医家と病院の勤務医の先生方の勉強・交流の場として1981年に発足した冠不全研究会は、第38回として2017年7月8日(土)に開催の運びとなりました。本研究会は、発足より36年間にわたり開催してまいりましたが、その役割が一段落致したとの判断より、今回の開催をもちまして発展的に解消することになりました。今回のテーマは「わが国の循環器診療の過去・現在・未来」とし、長年幹事としてご協力いただいた先生方に、様々なテーマについての総集編としてご講演いただく予定です。
ご多忙中とは存じますが、この会を通じて病診連携のあゆみを議論させて戴きたく、多くの先生方のご臨席を心よりお待ち申し上げます。
第38回冠不全研究会当番幹事 日本心臓血圧研究振興会 理事長 細田 瑳一



プログラム


Ⅰ. 調査集計報告 15時00分〜15時25分

アンケート集計結果報告
石川循環器クリニック 院長 石川 辰雄 先生

心筋梗塞治療実態調査研究
木内医院 院長 木内 要 先生



Ⅱ. 特別レクチャー <日常診療のピットホール −温故知新−> 15時25分〜16時05分

1. 1枚の心電図を診て判断する心筋梗塞と紛らわしい心電図所見
千葉大学大学院医学研究院 循環器内科学 教授 小林 欣夫 先生

2. 1枚の心電図からここまで判る −心電図の深読み
小川聡クリニック 院長 小川 聡 先生

3. 降圧だけではない高血圧治療
東京医科大学 名誉教授 山科 章 先生

4. 高齢者に多い収縮機能の保たれた心不全(HFpEF)の私の治療方針
群馬大学大学院 循環器内科 教授 倉林 正彦 先生



Ⅲ. 特別講演 16時15分〜18時00分

講演1 「病診連携のあゆみ−冠不全研究会からのメッセージ−」
日本心臓血圧研究振興会 理事長 細田 瑳一 先生

講演2 「循環器診療の内科、外科の質の高いチーム医療のあゆみ」
順天堂大学 名誉教授 細田 泰之 先生

講演3 「冠不全の臨床の歴史」
順天堂大学 名誉教授 山口 洋 先生




☆この研究会は日本医師会生涯教育制度による学術集会として認定されています。参加証をご希望の先生は研究会当日受付までお申し出下さい。
日本医師会生涯教育制度;3単位
カリキュラムコード;CC10(チーム医療)、CC11(予防活動)、CC16(ショック)、CC42(胸痛)、CC43(動悸)、CC74(高血圧症)
共催:実地医家のための会/トーアエイヨー株式会社
問い合わせ先:冠不全研究会事務局(TEL:03-5542-8808)
〒104-0032 東京都中央区八丁堀3-10-6 トーアエイヨー株式会社 医薬課内

冠不全研究会ホーム